注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

【日記】自粛中にあなたは何をしていましたか?

 

この記事は、僕の自粛中に行ったこと、考えたロジックについての備忘録である。

 

自粛中、ただ呑気に遊んでいる人と、何かを学び続けた人とでは、ちょっと引くぐらいの差ができている。

しかも筋トレと違って目に見えないから厄介だ。

 

僕は、この世の中の大学生の中では中々有効に自粛期間を使えた方だと自負している。

 

この記事を読むことで、

僕よりも動いていないなと思う人は焦る材料にできるだろうし、

僕よりも動けたと思う人は、自信を持って成功へ向かって行けるだろう。

 

 

 

 

まずは思い描く未来の自分の姿についてから話していきたい。

 

なりたい姿がある。

 

それは、自由を手に入れることだ。

自由を手に入れるということは、今は何かに縛られているということだ。

では何からの自由かというと、資本主義社会からの自由ということになる。

 

好きな時に好きなことを好きな分だけをやる。

「明日ヨーロッパに旅行に行きたいな」とふと思い立ったら、仕事やスケジュールなど全く気にせず、好きな人を誘って一緒に旅をする。

そんな人生にしたい。

 

リタイヤ後のおじいちゃんみたいな生活をいち早く手に入れたいと言えばわかりやすいかと思う。

 

おじいちゃんになってから、好きなことをできる時間とお金があったとして(それでも今の時代十分申し分のない生き方だけど)、それを快適に遂行できる体力と精神力がないと人生はとても満喫できない。

 

できるスポーツも、それを行えるクオリティもたかが知れている。

 

つまり、若いうちからとっとと余生を迎えたいわけだ。

好きなことだけをする生活を、健全な体力と精神力を持っているうちに手に入れたい。

今の自粛生活みたいな毎日を一生続けていきたい笑

 

なぜそうなりたいかというと言わずもがな、

 

一度きりの人生、誰にも遠慮せず、誰にも縛られず、思ったことをして満喫して生きたいから。

ただそれだけのことである。

 

人様にうっかり聴かせたら笑われてしまいそうな煩悩の塊のような願いであることは自覚している。

だが皆、社会通念上、常識上、口にしないできないだけで、「何もせず好きなことだけする生活をしたい。」というのが本音だろう。

僕もあなたも同じなのである。

 

ではそうなるためにどうすればいいか?

 

僕は考えた。

 

お金がいる。

 

それを最も効率よく得られるものが必要だ。

 

それは知識と経験である。

 

今の時代、豊富な知識と経験さえあれば、youtuberになってしまえばいい。

5Gの時代が来て動画市場はより拡大するだろう。

 

底辺youtuberであっても、一万人も登録者数を獲得できればサラリーマンくらいの収入を得ることができる。

しかも、好きなことをしている姿自体がコンテンツになる。

正に「好きなことで生きていく」を地で歩むことになるのだ。

 

まずは知識と経験を積む必要がある。

最優先事項であり、友達とウカウカ飲んでいる場合ではない。

 

しかもこの自粛期間は、これらのことをする絶好の機会だった。

 

僕はこの自粛期間と、その前を含めた大学の春休みを利用して様々なことをして知識と経験を貯めることにした。

 

ヒッチハイクをやったりナンパをしたり、

このブログをはじめ、いくつかブログを作ったり。

オンラインスクールに通って学び狂ったり、

ライティングやプログラミングなどの各種スキル、

税金や節税方法などの社会に出る上で知っておかねばならない情報、

エクセルやパワポなど、なんとなくしか知らなかった情報、

今まで毛嫌いしていた株式市場や、パチスロの勝ち方など、

あらゆる情報を偏見なしに取り入れ続けた。

読書ももちろん多くした。

年に何日かしか会えないはずの親戚にもたくさん会えた。

 

そんな中で色々と思考し続けた。

 

 

 

色々と学び、行動したがその結果分かったことがある。

 

『与えなさい』ということだ。

 

与えたら返ってくるとか返報性の原理とか、

そんな当たり前のことを言いたいのではない。

 

他の生き物に何かを与える能力というのは人間しか持っていない。

 

他の動物で、親が子に餌を与えたりはするが

全く血縁関係にない生き物に何かを与えることができるのは人間だけだ。

 

しかし、他者にモノを与えるという行為自体、誰でもできる行為ではあるが誰でもできるわけではない。

性格や考え方など色々あって、

「他の人に与えたら自分の持分が減ってしまう」と、

それを独り占めしてしまう人が多い。

 

例えば大学生活で言えば、過去問が誰かのところで止まるとかよくある話で、

そんな“他の人に与えても自分は一切困らない情報”ですら、他人に与えることができない人が大半だと思う。

 

そのような行為だからこそ、逆にそれを惜しげなくできる人が成功する。

 

子供などの血縁関係に与えることができる能力は、高等生物しか有しておらず、

さらに血縁関係にない生き物にモノを与えることは、その中のさらに高等な生き物(ホモサピエンス)でないと無理。

そして惜しまず与え続けることができるのは、ホモサピエンスの中でもさらにさらに高等なホモサピエンスにしかできない。

 

他者にモノを与えることができる人は、それだけ高等な器を持っていて、そんな器を持っている人は当然周りを惹きつけ、愛されて成功する。

もちろん自分が損するような状態になるまで他者に施し続けるのはただのお人好しだが、

とにかく周りの人間にまずは与えて幸せにする。成功してもらう。

 

そうすると自ずと返ってくるものがたくさんあるのだということに気づいた。(結局返報性の原理に戻ってきた。あの原理すげえ。)

 

まぁこんなことを4ヶ月ぐらいかけて血肉にしたわけである。

 

「そんなこと当たり前じゃん」と思う人もいるかもしれないが、

結構我儘で独り占めするタイプの自覚がある僕にとっては、

「与えなさい」というマザーテレサ姐さん的な考え方は知ってはいたがモノにできていない革新的なロジックだったのでこれを獲れたのは大きい。

 

最後に、

これからしていくことと、

最近している「気楽に生きれるロジック」を伝えて終わりたいと思う。

 

これからすることとして、

 

youtube活動を行っていくことに決めている。

 

サムネの作り方、編集の仕方、動画を作るコツなど、大体勉強できてきていて、

「これでいける」と思ったタイミングで始める。

 

 

 

そして最後に好きな考え方。僕たちは「70億分の1の存在」だと自覚すること。

 

ビックバンで宇宙が始まったのをきっかけに何百億年もかけて今の時代になっているわけだが、

そのほんの一瞬の隙に生まれた地球という惑星の、

ちょっとした寿命の中のさらにほんの一瞬の間だけ存在している

70億人の人間の中のうちのたった1人。

それが僕たちである。

 

僕もあなたも今日死のうが明日死のうが、50年後死のうが残念だが一切何の影響も出ない。

 

あなたが70億円分の資産を持っていたとして、今日や明日にそのうちの1円がなくなっていた時気付くだろうか?

全く無価値な存在だということである。

 

機械的な冷たい考え方だと思う人もいるだろう。

 

しかし、これこそが我々の、この世の真理であり、逆に「周りを気にせず好きなように生きていいんだ」と思わせてくれ、

自由な行動力を生ませてくれる、一番効率の良いロジックの組み立て方だと思う。

 

 

そして、自由に行動していく中で、自由に周りの人間を豊かにできれば、こんなに幸せなことはないと考えた自粛期間であった。

 

以上で、自粛中に行っていたことの備忘録を終える。

 

 

 

fin.

最新情報をチェックしよう!
>