注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

コロナ自粛中、Netflixを観る代わりにすべきこと5選!【自粛のプロ・元宅浪生が教える!自粛明けに友達の3.3倍スキルアップする方法!!】

タロー

こんにちは☺️自粛中の歯学部生です。
今回の記事は、コロナで自粛の中、自宅でなんとなーくNetflixを観てしまっている方にむけて書いています!!

 

 

自粛の中、有名人たちがこぞって、「今は自宅でNetflixを見よう!」とか、「動画を観て過ごしていよう!

みたいな怖いことを言っている映像が流れていますね。

 

家でNetflixを見ているだけで、コロナ拡大を防いでいて偉いんだ」とか。

 

ツイッターでもよくそういった言葉が溢れかえっています。

 

 

この言葉を鵜呑みにしている人はいるでしょうか。

 

これらの言葉は、例えば、

仕事のある親が、「外に遊びに連れてって😭」と泣き叫ぶ子供に対して、

(うるさいなー静かにさせなきゃ)じゃあこれでちょっと時間潰しといてね😊」と言ってガラガラの鳴るおもちゃを渡しているのと同じようなもので、

 

Netflixでも見てちょっと気を紛らわしといてくれ』という、まさに子供騙しなことを言っているだけなんですね。

 

 

 

本とか読んで情報を集めて、コロナで変わってしまった次の時代への準備をしといてくれなんて本音言ったら皆さらに不安になっちゃいますからね。

 

 

 

 

がしかし、僕たちがこんな戯言を鵜呑みにしてNetflixを見ていてはいけません。

 

 

このまま黙ってのんびり自粛していたら、自粛明けの時代の変化にまるでついていけなくなります。

 

 

僕は、幸いにもこの自粛期間は初めての経験ではありません。

 

 

1年間、自分で計画を立て、身を律して家で受験勉強をし続けなければならない、プロの自粛プレイヤー(宅浪生)だったからです泣

 

しかも、二浪しているので、当然全く勉強しなかった怠け者時代の経験もあります。

 

なので、この自粛中に怠けてしまう人たちの気持ちもよく分かるのです。

 

 

 

ということで、前置きが長くなりましたが、自粛期間に昼から起きてNetflixを見るのではなく、では何をすれば良いのかということを、プロ自粛プレイヤーの僕が、伝えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

この記事を読み終わって得るもの

・現状の自分の生活に対する焦り
・5分でできる!ダラけた生活を強制的かつ簡単に打開する方法

・自粛期間中にすべきことと、したら終わりなことの区別

休校措置は、周りの優秀な奴らのストッパーを外しただけ

コロナ休校に伴い、
小学生の親たちは言います。

学校がなかったら周りの子と勉強の差がつきそうで心配だ。」と。

 

そんなことを言うのは、99%が成績が芳しくない子の親で、

努力の意味と勉強することの意味をきちんと教えずに育ててるから悪いんじゃないの?

 

と突っ込みたいところですが、僕の子供たちが自粛中にもしっかりと勉強している子供たちであるならまだしも、そもそも親の経験もないのでそんな野暮なことを言うのはやめておいて、

 

確かに勉強や努力をする本当の意味も分かっていない小学生が、自制心を持って家で勉強するのは難しいし、余程真面目に育った子以外は遊んでしまうだろうね。

 

ということにしておきます笑

 

 

 

こういった子供たちは両親の心配通り、休校以前から優秀な常日頃勉強している子達との差を、もうどうしようもないくらい開けられて自粛を開けることになるでしょう。

 

 

がしかし、僕たち大学生がそれではいけません。

 

間違っても「大学で授業がないからできませんでした。」なんてことは言ってはいけない。

 

 

自粛明けに友達と、

 

自粛中何してたのー?
タロー

ずっとNetflix観てたー笑

 

とか、

タロー

あつ森やってた、見てこの町!

 

みたいな会話をしてはいけません。

 

 

 

 

むしろこの期間は逆に怠け者にとっては死ぬほどのピンチです。

 

休校明けに気付くことになります。

 

一日の大半を拘束してくれていた学校こそが、普段から向上心のある人間と、怠け者の自分との差を限りなく少なくしてくれていたのだと。

 

 

 

何もない今、毎日意思を持って行動している者となんとなく過ごしている者との差は最大限に広まっています。

 

 

 

【1.01と0.99の法則】はなんとなく耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

これですね。

 

 

僕の大学では、4.5月の2ヶ月間、各自自宅でオンライン授業をする措置が取られているのですが、

 

その期間をこの法則に当てはめると、

努力した者と怠けた者との間で、

 

1.01の60乗で1.81669669856409

 

0.99の60乗で0.547156642390761

 

の差がついている。

 

約3.32倍もの差がついてしまう計算になります。

 

 

これが身長とか体重とか歩く速さとかに現れてくれたら、自分の努力も他人の努力も分かりやすいのですが、如何せん目に見えない者なので余計に厄介です。

 

やるのもやらないのも全て自分の責任。

 

 

オンライン授業はなんとなく集中できなくて受けれなくとも(自分)、何かしら自分がしたい分野で自分なりの勉強をする必要があります。

 

では、どんなことをすれば良いのだろう。

 

ちょっとダラダラ書きすぎたのでここから巻いていきます。

 

 

 

 

 

自粛中に絶対にしてほしい1つのこと;日記書き

 

 

自粛中に僕がお勧めしたい、実際僕がやっていることは主に4つ。

 

それプラス、絶対にやってほしいことが1つあります。

 

 

 

まずは4つを紹介しますね。

 

 

読書;小説系じゃなくて、自己啓発・心理学・ビジネス・経済学などの分野が望ましい。また、日本人著者の本は確かに読みやすいが、内容もその分うっすいので、できるだけ外国から入ってきた分厚い上質なものが良い。

 

午前中に活動する習慣:これは特に説明するまでもないだろう。ちなみに、早起きのコツは早く寝ることである。それができない僕みたいな人は、早朝アルバイトを入れよう。(僕は6~9時で入れている)

 


漫画:漫画から学べることは多い。芸術作品である。友達との会話にも合うしコスパ高い。今のお勧めは「進撃の巨人」これは至高。描いている内容が一漫画の域を完全に超えている。

 

YouTube:今時、YouTubeで有益な情報はいくらでも手に入る。鴨頭さんやマナブログ、竹花さんや西野亮廣、有益な情報を発信している人はいくらでもいるから、そう言った人たちのyoutubeを見るのも刺激的で良い。

 


ブログ:4つしか書くつもりがなかったが、急遽付け加えた。少しハードルは上がるかもしれないが、
毎日思ったことなどを書くだけでも最高のアウトプットの機会になる。惰性とは程遠い毎日になること間違いなし。後述する日記書きをブログにすると、好き勝手を書けないと言う弊害は残るが一石二鳥になる。

 

 

思ったよりも簡単な内容だったのではないでしょうか。

 

 

 

 

そして、他4つは最悪やらなくてもいいからこれだけはしてほしい!!

 

と言うのが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タロー

日記書き

 

 

である。

 

 

 

宅浪時の僕を支え、計画的に1年間行動をさせてくれたのがこれで、日記を書き続けたおかげで、「宅浪はまず伸びない」と世間で言われる中、センター試験結果を駿台に通っていた時より10%近く上乗せさせれました。

 

 

日記書きの効能や、効果的な書き方などの詳しい話はまた他の記事に譲りますが、日記を書くことだけは今日から絶対にしてほしい!!

 

 

この記事を読んでいることも何かの縁だと思って是非実践してほしい。

 

 

今日何やってたっけ?」という日の繰り返しが惰性を生む。

 

 

日記を毎晩書き、一日の自分の行動を思い返すことで、今日の自分が、予想よりも何もしていなかったということに愕然とすることができる。

 

 

惰性の歯止めをかけるのにこんなにも効果的な方法はないのです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

以上、自粛期間中こそ粛々と行動していきたいですねと言う記事でした。

 

 

この自粛期間を「春休みの延長」だと思って鼻唄混じりに過ごしてNetflixやあつ森の町おこしに興じている者と、何かしらの自己研鑽に身を投じたものとの間では、もうそれはひっくり返るくらい取り返しのつかない差がつきます。

 

 

事実、僕の周りで計画的に行動している人は、自由時間が増えて自粛前よりも忙しそうにしていますからね笑

 

 

ただ誤解のないよう1つだけ言っておきたいのは、自分で予定を組んでNetflixやあつ森をやる時間を設けて、真剣に遊んでいるのであれば全く問題ないということです。

 

暇つぶし〜」「何して時間潰そ〜」程度の気分でやっていたらそれはまずいということでした。

 

 

 

まだまだ、自粛期間は延びるでしょう。

自粛明けに、「何やってたっけ俺??(困惑)」なんてことのないように一所懸命に過ごしましょう!!

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>