注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

「日記書き」を毎日することで得られる大きすぎる効能3つ!【日記書き歴5年が伝える、『大切なことを忘れずにいる方法』】

 

 

タロー

こんにちは📚
今回は前回の記事で紹介した、コロナ自粛中にこれだけはやった方が良い【日記書き】の大きすぎる効能3つについてお伝えします。

 

 

田舎暮らし歯学部大学生日記』では、田舎で学び狂っている歯学部5年生が“もっと早くから知っておきたかった情報”を分かりやすく簡潔に配信しています。

 

 

 

 

 

【日記書き】を紹介している前回の記事はこちら↓

コロナ自粛中、Netflixを観る代わりにすべきこと5選!【自粛のプロ・元宅浪生が教える!自粛明けに友達の3.3倍スキルアップする方法!!】

 

 

 

 

この記事を読み終わると得られるもの

・「日記を毎日書くこと」の重要性を感じるようになる。
・「毎日日記を書くこと」で、簡単かつ確実に成功しようと思う。
・とりあえず、「今日日記を書こう!」と思うようになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記の最大の効能;自分との約束を忘れないでいてあげられること

 

 

自分が『やる!』と決めたことを続けるのに一番良いのは、日記を書くことです。

 

 

人間は絶対に忘れる。

 

 

忘れる生き物だ」という前提に立つことが超重要です。

 

 

 

 

だったら忘れないためにどうするか。

 

 

毎日日記を書くこと。

 

 

 

僕たちは折につけ、“何か根気が必要で、継続しなければ到底達成できないであろうこと”をやろうと思い立ちますが、

その度に、お風呂に入ってさっぱりし気持ちよく寝た次の日にはその時固めた決意はどこかしこへ雲散霧消しています。

 

 

 

物事を継続できないわけは、至極単純で、「自分の志を思い出す習慣がないから」です。

 

 

自分の気持ちや感情を記録する習慣が無いと、どれほど自分の決意や意志があてにならないものか、観察して知る機会がありません。

 

 

感情とはいかに起伏が激しく移り変わっていくものなのか、決心はどれだけ体調や精神の影響を受けるか、記録をとって定点観測する習慣がない限り、人間は人間の物忘れの激しさを客観的に知ることはありません。

 

 

それらを一気に解消し、「己がいかに忘れっぽい生き物なのか」ということを再確認することからスタートできるのが、日記書きなのです。

 

 

 

 

 

日記を書かないと人生はこうなる

 

 

 

 

今年は英語を勉強する❗️

今年はダイエットする❗️筋トレする❗️

ブログとかをやってみる❗️

 

大半の人はそうやって正月に宣言します。毎年。

 

そして、何をするでもなく、また次の正月に決意だけ新たにする。

 

その度に、自分と交わした約束を全然守れない自分を見せつけられていきます。

 

そうやって次第に自分を信じられなくなっていきます。

 

それは当たり前のことで、やるやる言って、毎回全然やらない奴を信じろと言う方に無理があります。

 

そしてダメな自分にうんざりしたその気持ちも、すぐに忘れていきます。

 

 

決意を忘れ続ける人生。

 

 

今その瞬間の快不快に動物的に反応するだけで、訳がわからないまま無力感に支配される日々を送ることになるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

日記の効能その2;「暗算」から『筆算』の世界へ

 

 

人間の暗算能力はたかがしれています。

 

普段から計算する環境にない一般の人は、暗算はできても二桁の計算ぐらいでしょう。

 

計算した結果を覚えておきながらまた別の計算をするのはさらに難しいです。

 

 

人はすぐに忘れてしまうからです。

 

 

ところが、紙とペンがあると状況は一変します。

 

 

『筆算』ができるようになるのです。

 

手間ではあるけど、複雑な計算もできるようになります。

 

出した答えの記録もしておけます。

 

 

紙にペンで物を書いてのんびりと筆算を解く習慣ができている人は、例えば13桁のかけ算のような困難な問題を人生の中でふいに出されたとして、暗算では無理でもその気になれば解けないことはないと知っているので、

 

慌てずに「ちょっと持ち帰って考えます

と言って保留することができます。

 

 

紙とペンでゆっくりと筆算を試みて考えることができるようになるのです。

 

 

それができずに、なんでもその場その場での動物的な判断しかできない人は、

少しでも難しいことを問われ、自分の脳内キャパシティを超えるとパンクしてしまいます。

 

 

漫画などで頭が弱いキャラが頭から湯気を出しているあれです。

 

 

筆算の世界に自分を置くことができると、あらゆる物事に対する情報処理能力が飛躍的に高まり、暗算の世界では解けずに見送っていたはずのチャンスを冷静に捉えることができるのです。

 

 

 

 

日記書きの効能その3;正念場のドーピング剤にもなってくれる

 

 

 

毎日日記を書き続け、自己との対話を続けた者は、それでもいつか必ず訪れる今日はやる気が出んぞ」と言う日に対しての、特効薬としても日記を使うことができます。

 

 

今までしたためてきた【志を持って歩む誇り高き自分】を見返すことで、「今日も頑張ろう」と活力を取り戻すことができるのです。

 

 

浪人時代はこれがなければ、僕は晴れて三浪だったでしょう笑

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

一日一日積み重ねて行かなくては到底到達し得ないような目標を持っている方はたくさんいると思います。

 

 

そんなあなたは、本当に一日でも早く日記を書き始めた方が良いです。

 

 

積み重ねは一日でも早く、そして多い方が良い。

 

 

気持ちを落ち着けて、深呼吸して、寝る前にその日一日あったことをゆっくりと振り返る。

 

 

 

考え事や悩み事があったらそれを紙に書き出してみる。

 

 

 

それだけで不思議なほどに頭の中はスッキリします。

 

 

 

実は凄く小さいことに拘っていた自分に気づけたり、、、

 

 

 

実はこれそんなにやりたくなかったんだということに気づけたり、、、

 

 

 

逆に、「この物事に対してこんなに情熱があったんだ」と、自分の筆の進むペースと量を見て認識できたり、、、

 

 

 

 

本当に色々な発見があります。

 

 

 

 

 

 

そんなすげぇことが、なんと無料でできます!そしていつでもどこでもできます!!

 

ぜひ、今日から地に足をつけて、「日記書き」始めてみてください。

 

 

 

 

次の記事では、効果的な目標の建て方と、それを叶えるための日記の書き方について書きます。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>