注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

【日記】妙案が浮かぶのはココ?!α波がドバドバ出て考え事に絶好なのはバイト中の暇な時!!

 

バイト先の空き時間を考え事に使ったらかなり人生豊かになるなぁという話。

 

 

よく「お風呂場で考え事をすると良い」と言われている。

 

 

作家さんやシンガーソングライターがお風呂場でふとした時に作品を思いつくというのはよく聞く話だ。

 

 

お風呂に浸っている時に、「普段思いつかないような考えがふと思い浮かんだ」というような経験は誰もが一度は経験していることだと思う。

 

 

僕も良く経験しているが、いざ思いついた時、これをメモをしていないとすごい速度で忘れるのが難点だ。

 

 

それは寝起きの時にははっきり覚えていたはずの夢が、起きて10分も経つと、なぜかどう頑張っても思い出せなくなる感覚と似ている。

 

 

「これについて後でゆっくり紙の上で考えたいなぁ」とか思って風呂場からでると、不思議なことにもう忘れてしまっているから悲しい。

 

 

 

しかもこのふと思いついたことは、またいつどのタイミングで同じことを思いつけるか全くわからない。

 

だから、できるだけ忘れないうちにすぐに記録しておければ良いのだが、お風呂に入って気持ちの良い時にメモを取るためだけに急いで風呂場から出るのは辛い。

 

 

 

ところでお風呂で普段思いつかないようなことがパッと出るのは、どうやらα波が脳内で分泌されているかららしい。

 

 

辞書によると、α波とは「脳波の波形の一つで、気分の落ち着いた時(覚醒安静時)に表れる波」とのこと。

そしてそのα波が出ている時、脳の記憶力、集中力が上がると言われている。

 

ではそのα波はいつ出るのか、それは「気分の落ち着いた時=リラックスしている時」。

 

だから、お散歩中やお風呂に入っている時、眠ろうかなとお布団に入る前などの思考の隙間、なんでもないふとした瞬間に、ついうっかり何かをひらめきがちなのだ。

 

気分転換にコーヒータイムを入れたりするが、なんと、そのコーヒーの匂いを嗅ぐとα波が出るという研究結果も出ているようだ。

 

 

 

上に書いたように、リラックスしている時にα波が出て、ひらめきやすいということは、

そんな時は散歩したり、お風呂に入っていたり、寝る前であったりで、紙とペンをすぐに出せる状況でもないし、出して書くことが面倒になる(リラックスしていて頭を使っていないから)時間帯が多いということが言える。

 

 

 

僕はここで、パッと思いつきやすく、しかもサッと紙に記録を取りやすい絶好の環境をもう1つ提案したい。

 

 

バイト中の暇な時である。

 

 

今やっているコンビニのバイトでいうと、「お客さんが来なくて暇だなー」と思ってレジに立っている時とかに面白いくらい思いつく。

 

 

恐らく、お客が来たら緊張状態になる分、お客が来ない時は脳がリラックスしようとしてα波を積極的に出しているからだと推測している。

 

 

 

 

ここ最近の考え事の内容はブログの記事のネタとかなんだけど、これが中々によくて、紙(いらないレシートの裏)が手身近なところにほぼ無限にあるのと、胸元にボールペン刺さっているからいつでもサッと書ける。

 

 

 

しかも短い隙間時間を活用しているから、業務にも支障が全くでない。

 

 

これ、結構良いなぁと思っている。

 

 

 

ふと何気なく思いついたことが、実は自分の本音であったり、結構核心的なことだったりすることは多い。

 

 

バイトをしていて業務に支障が出ない程度の暇な時間を作れる人は、ポケットに紙とペンを忍ばせて出勤してみることをオススメする。

 

最新情報をチェックしよう!
>