注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

残り34日 浪人生にあって現役生にない大切な差

  • 2023年1月2日
  • 2023年1月3日
  • 未分類
  • 35view

どうも、歯に詳しい人、おるたです。

このブログでは、大学受験で2浪し現在歯科国試浪人もしている僕が、
国試浪人10ヶ月の間に思ったことや日記などを備忘録も兼ねて書いています。

 

現役生と浪人生、何が違うのでしょうか。

 

この時期になってきて去年の今頃と比べてみると、

流石に如実な違いを感じ、

「去年と全然違うよね」という話を予備校の友達とも話したりして、「確か本当に去年(現役時)と違うわ」と思ったところがあったので書きます。

 

僕は浪人生なので、あえて浪人生側が優れているかのようなポジションライトをします笑

 

浪人生にあって現役生にないもの。

それは、”悲観的なモノの見方ができるところ”そしてそれに伴う、”慎重・謙虚さがある”ところです。

 

現役生は、往々にして年末のこの時期に3回目の模試の結果が良かったり卒業が決まったりすると、

「よし、もうこれで国試勉強は上がり♪」と残りの直前期を一足先にウイニングラン気分で過ごしてしまうという、

とんでもない過ちをお調子者な人ほど犯す傾向があります。

 

ところが浪人生は、一度致命的な挫折を経験して徹底的に落ち込み真摯な自己分析と自己嫌悪、後悔をしているので

そう簡単に楽観的になることがありませんし、失敗した分考え方も慎重になります。

 

仮にこの時期に良い成績を模試で取ったとしても、

国試で一度落ちている上、2回目の試験なので取れて当たり前という気持ちが働いて図に乗ることもなく、

ひたすらに謙虚に生きることができます。

 

人間的に出汁が出て深み・コクが出てきているのが浪人生です。

はい、大変良いように書きました。

 

ところが現役生の人たちはどうでしょう。(あくまで現役時の自分のような人のことだけを指してますが、)

今頃ウイニングランをし始めている危険なお調子者もいるのではないでしょうか。

そんな過去の僕のような人たちには油断しておいてもらい、

 

ここから急速に別人レベルで仕上げてくる国立勢や、私立の実は勉強センスMAX勢に追い抜かれないよう、

懸命に勉強し続けていきます。

 

この時期は焦らず優先順位を明らかにして復習中心で。

 

残り39日 【再考】国試直前期の勉強何するか

 

最新情報をチェックしよう!
>