注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

【ゆうせい荘】この世は多分仮想現実・「シュミレーション仮説」について〜文字起こしver.

タロー

こんにちは!
今回は、「ゆうせい荘
」さんという、知る人ぞ知る伝説のyoutuberが過去に挙げた、生きることがラクになる動画、『この世は多分仮想現実・「シュミレーション仮説」について』の肉声内容を文字起こしさせて頂いた記事です。

 

 

田舎暮らし歯学部大学生日記』では、田舎で学び狂っている歯学部6年生が“もっと早くから知っておきたかった情報”を分かりやすく簡潔に配信しています。

 

 

この記事を読んで損することは絶対にありません。

 

しかし読まなければ、あなたは100%大きく損をします。

 

 

 

最後まで精読した時、あなたは必ず自分のこれからの生き方に対しての考え方が変わっています。

 

悩みたくないのに、思わずクヨクヨしてしまう時は誰にでもあると思います。

本記事はそんな病に対する処方箋になるのではないでしょうか。

 

 

本文を読む前にゆうせい荘さんの説明と文字起こしに関する注意事項を書いています。

 

以前あげたゆうせい荘さんの記事はコチラ↓

【ゆうせい荘】好きなことで生きていくために【もう死ぬまで好きなことしかしない教】〜文字起こしver.

【ゆうせい荘】俺もお前も世界も全てクソどうでもいい(強メンタルの秘訣)【文字起こしver.】

【ゆうせい荘】他人は後回し、自分の幸福度が最優先(文字起こしver)

【ゆうせい荘】ゆうせい哲学の根幹【ルールは破っていい】(文字起こしver)

【ゆうせい荘】 みんな学歴気にしすぎ【高学歴のメリット/低学歴でもどうとでもなる】(文字起こしver.)

そこをとばしたい方は、下の目次からとんで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

『ゆうせい荘』とは?

 

 

この記事は、[ゆうせい荘]という、今はもう発信をやめてしまったyoutuberの方の1つのコンテンツを文字起こししたものです。

 

『この世は多分仮想現実・「シュミレーション仮説」について』という内容の約7分半の動画について、その中での発言を全て文字起こししています。

 

 

[ゆうせい荘]とは、元々登録者数は約3.7万人(2021/2/18現在は活動休止し、近藤佑星というチャンネルで再活動しているがそちらも現在は活動中止)の規模としてはまだ小さなyoutuberでした。

 

しかしその発信者であるゆうせいさんの思想、経歴、行動力には不思議なカリスマ性があり、魅力的でウィットに富んだコンテンツを配信されていました。

 

ゆうせい荘さんの生き方を知らない方に向けて簡単に紹介しておきます。

 

留年しつつも慶應大学を卒業後一旦は就職。

その後「自由にやりたいことをして生きる」という信条の元、

サラリーマンを辞め色々なことにチャレンジします。

結果アメリカに行き大麻農家の元で大麻を吸いながら暮らしたり、youtuberとして活動して収益化を図ったりなど、

普通に生活するほとんどの人が経験しないことを実践し、

組織に属して仕事をすることなく『自分の力で生計を立て独立して生きる』という、

現代の若者たちの憧れのような「ストレスフリー」の生き方をしていた方でした。

 

さらに、ゆうせいさんはMENSA会員でもあり、IQがとても高く思考も深いという特徴があり、

着眼点も非常に独特で、常に世界に対しての新たな切り口を見せてくれ、

それらの発見を理路整然とわかりやすく説明してくれるというコンテンツを提供しており、着々とコアなファンを増やしていた方でした。

 

 

 

 

 

文字起こし記事を読む上での注意点

 

 

この記事は、主にゆうせい荘のファンの方が読まれることが多いと思うので、そこに配慮して、できるだけゆうせい荘の語り口調を残したまま文字起こしをしました。

 

 

文字起こしに関して、配慮した点が3点あります。

 

1.話し言葉ではあまり気にならないが文字に起こすと読みづらい(連続して内容が重複してしまっていたり、言い直していたり噛んでいたりするような部分)だけ、読みやすくするために少々修正を加えました。が、可能な限りゆうせい荘さんの口語のままに努めました。

 

2.ゆうせい荘さん特有の話し方、言い回し、行間、息継ぎができるだけ想起されるよう、句読点、改行を意図的にズラしています。

 

3.普段の他の記事では、重要なとこにはマーカー赤文字にするなどの修飾を施していますが、以下の文章ではほとんどそういったことはしていません。
理由は、ゆうせい荘さんの“サラッと話す”世界観をできるだけ再現したかったためです。

 

 

 

読みづらい点もあるかもしれませんがご了承ください。

 

 

 

現在(2021年2月18日)、youtube上にゆうせい荘さんの動画はほぼありません。

(ゆうせい荘さんが自身の全ての動画を非公開にしている為です。)

 

何件か、ファンの方が挙げてくださっていて復活している動画がありましたが、それもいつ削除されてしまうか全く分からない状態であります。

 

動画を予め保存しておいて耳から情報を入れるのも良いですが、文字で読んで目から情報を入れると、不思議とまた新たな発見があるものです。

 

この文を読んで、ゆうせいさんのように世の中のしがらみに囚われることなく自由に生きていこうと思う人が増えることを願っています。

 

 

 

 

 

この記事を読んで分かること

・この世は仮想世界ではないか

・シュミレーション仮説ってどんなもの?

・人間や地球って色々おかしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゆうせい荘】この世は多分仮想現実・「シミュレーション仮説」について〜文字起こしver.

どうもゆうせいです。
いや実はこの世界って現実じゃなくて多分シミュレーションなんすよね。
今回話すのはこんな感じです。
順番に話していきます。

まず1つ目シミュレーション仮説ってどんな考え方かっていう話です。

まず事実を言います。
今世界って、もう結構わけわからないくらい科学が進んでいるじゃないですか。
A RとかVRとかAIとかまあ色々な技術が出てますよね。
で後少なくとも昔と比べると人間ってみんなゲームとか動画とか、
どんどんその、精神をリアルじゃないバーチャルなものに対して割いていくようになってきています。
ここまでがまず事実。
で、次に仮説です。
このまま科学が進んだら、いつかは当事者には現実に見えるようなシミュレーションが作ることができる」っていうのが仮説です。
もしそれが可能だとしたら、シミュレーションの中にさらなるシミュレーションとかができて、
でそれをもう無限に繰り返していったらシミュレーションってマジでもう無限大じゃないですか。
だからもし1回でもそのシミュレーションを作ることができるとしたら、
もうそっからは無限にシミュレーションができるっていうことなんですよね。
そうなってるとしたら今我々が生きている現実って本当の唯一の現実である可能性ってマジで低いんですよね。
もう無限位あるシュミレーションのイッチバン最初のオリジナルっていうのが我々という可能性です。
ま、ここまでがシミュレーション仮説の一般的な考え方です。
有名人だとなんかイーロンマスクとかはほぼ信じてるらしいすね。
で、実は僕も最近そう思うようになってて、
こっからは最近僕がそう思うようになった理由を話します。
理由は大きく分けて2つあって、

1つ目は『我々が生きてるの奇跡すぎん?』ってことと、

あと『地球面白すぎんじゃね?』っていうことっす。
順番に話していきます。
あ、で、先ず一つ前提を置きます。
それは今発表されてる研究とか科学とかが大体正しいっていう前提です。
もちろん間違っている可能性って絶対あるんですけど、
でもほぼ大多数の我々って別に最先端の研究者でもないしそんなこと分からないじゃないですか。
だからってなると一般人の僕からしたら、「スティーブンホーキングの本に書いてあることが一番正しい可能性高いんじゃ?」っていう風に考えるのが妥当だと思ってます。
だから、今発表されている研究と科学はだいたい正しいという仮定を置きます。
でまぁ科学がだいたい正しいとしたら、 ビックバンの前って何があったかって知ってますか?
よく言われるんですけど、何もなかったんですよね。
何もないっていうのは空間とか質量がないっていうだけじゃなくて時間もないんですよ。
だからなんかそのビッグバンの前について語ること自体がそもそもお門違いっていうか、もう“ない”っていうだけです。
でなぜかなんか、そこでよくわかんないけど量子とかが揺らいだらしいじゃないですか。
でその量子とかが揺らいで時間と質量がパチッと出来上がった瞬間に、宇宙の全てが始まったわけっすね。
でなんか水素ができてヘリウムができてみたいな。
で膨大な時間と空間と質量を使って、なんかしばらくしたらなんか星みたいなのができて、
まあなんか、とある恒星?核融合反応延々してるみたいな、まじで熱い恒星の近くに何かいい感じの距離に星みたいなのが良い感じのサイズでできて、
でなんかそうやって回ってたら水ができるわけじゃないですか。
でなんか星が太陽の周り回って、
でなんかしばらくしたらDNAみたいななんか二重らせん構造でできてる、なんか全部の塩基対が1対1になってるから情報
途切れないとか言うなんかわけわかんない仕組みが偶然発生して水の中から。
で単細胞生物ができて多細胞生物ができてみたいな。
でなんか隕石が落ちてきたり地球のあったかい時期とか寒い時期とかをもう何万年も繰り返して
で何千万とか何億種類もの生物が生まれたりして
でしばらくしたら人類が出てきて、
まあ人類も200万年くらいかかって食物連鎖の頂点になって、
で僕らが生まれたわけっすね。
こんなことをありえます?笑
もう可能性低すぎてみたいな。
だってマジで水と大地があっただけで僕らができるんすよ?
時間立つだけで。
さっすがになんかおかしくないですか?
っていうのがまず1つ目の理由っす
我々が生きているの奇跡すぎん?ていう話です。
で2つ目の理由っす。

もう地球が面白すぎるっていうことっす。

ちょっとこれについても詳しく話していきます。
まぁもし誰かがシミュレーション作るとかだったら、多分基本的にできるだけ面白いゲーム作ろうと思うじゃないですか?
でそうやって考えると、この地球って誰かが「おもろい世界作ろうぜ!」って言って作ったと言っても過言じゃないくらい面白いんじゃねっていうことっす。
マジで何千万とかの種類の生物がいて、
それぞれ生態が違って、
でなんかまぁ食物連鎖の頂点側からすると、各々の味が違ってめっちゃうめえとかあったりして、
でなんか自然の景色って大抵マジで綺麗じゃないですか。
で太陽が登って昼があって夜があって空は青いし海も綺麗だし
「満月の日だなー」とか「あ、今日は三日月なんだ」とか思ったり。
もうそれだけでも結構素敵じゃないですか。
でなんか個人的に面白いと思ってる地球のアイテムが3つあって、

それが“金と抗生物質と大麻”です。

ちょっと各々理由を言ってきます。
まず金って作れないんですよね。
太陽の10倍ぐらいの星の爆発みたいなエネルギーが必要なんすよ金作るのには。
でまあ昔宇宙でそのぐらいの爆発が起こったときに偶然地球に満遍なく降り注いだって考えられているらしいんすけど、
もう金って色おかしいじゃないですか普通に。
自然にあるくせに。
でなぜか絶っ対に錆びないしー、
あとその、人間とか絶対に作れないからこそ地球にある金の量って
46億年前から一切変わってないんですよ。
もう今地球にある分以外は絶対にできないっていう。
なんかそれって人間の都合のいいアイテムとしか思えないですよね笑
で2つ目は抗生物質です。
これはシンプルなんですけど、
カビから菌を殺せる一番メジャーな唯一のもの。
抗生物質が見つかるのってもう、RPGの隠しアイテム感半端なくないですか?笑
もうそれマジでゲーム感ありますよね。
だって誰も思わなくないですか?
カビに菌を殺せる一番つええやつがあるとか。
で3つ目は大麻っすね。
まぁドラッグのイメージ強いかもしれないですけど、
まあそもそも大麻って別にただの地球上に勝手に生えてる植物だし、
違法になったのもマジで人類の歴史で本当に今だけっていう感じだから、もうほんとただの植物として考えてます。
で日本でもまぁ少なくとも1万年以上前から使われたらしいんですけど、
大麻ってマジで何にでもなるんすよ。
肥料にもなるし紙にもなるしロープにもなるし、あと、まぁ昔の人はみんなそれだけで服作ってましたし、
あと靴にもなるんですよワラジみたいなやつ。
だから大麻ってまじで何にでもなるっていうのと、
あと生育めっちゃ早いらしくて熱帯から寒冷地でも余裕で育つみたいな。
で挙句、なんか火つけて吸ったら気持ちよくなるとか
もうなんか
RPGのボーナスアイテム感やばくないですか?
こんな便利なもの、まあ1個置いとくかー」みたいな感じで作ったのかなと思いました。
まぁってことで何か僕は今シミュレーション仮説をほぼ信じてまーす。
別にだからといって、現実にアクセスできるようになるわけでもないし、
僕らができることってまぁもちろん変わらないんですけど、
ただそうやって考えると
ちょっともう好きなことだけして楽しんで生きよ
みたいなマインドにちょっとなれます。
まぁっていうのもあって僕まぁ無計画に会社辞めて、
まあ来月からアメリカにちょっといくんですけど、そこで農業をやる予定ですね。
ま、別にアメリカじゃなくても50万円くらいあればアジアで1年くらい暮らせちゃうんで、
案外多分何とでもなると思うんですよね、まあ我々日本に生まれたんで。
だからまあ、会社つまんない人、やめちゃいましょ。

まとめ

 

 

如何でしたでしょうか!

 

シュミレーション仮説、興味深いですよね。

 

私も考えたことがあります(マトリックスみたいな世界)が、その根拠としてこの世の面白アイテムに着目し、金・抗生物質・大麻をピックアップされたのがゆうせい荘さんの非凡な点であると改めて思いました。

 

この世が仮想現実だとして、

では「現実社会にどうやってアクセスできるのか」、

「仮想現実だと本当の意味で気付けるようなバグがこの世に発生していないのか」、

「私たちは人類は、いや生き物は結局どうやって発生したのか。」

 

疑問は留まるところを知りませんが、私は“死ぬこと”によって初めて真実を知ることができるのかなぁなんてぼんやり考えています。(怖いこと言いました笑)

 

哲学者や、宇宙の研究をしている方々が急に自殺してしまったりするのは、研究対象の莫大さに気がおかしくなったのではなく、『死んで見なければ真実を知ることができない』という考えに至ったのではないかと思ってみたり。

 

 

まぁしかし、今死ぬには惜しいほどこの世の中はうまいバランスで面白く設計されているので、

ゆうせい荘さんの言うような、

 

(本文抜粋)

でなんかまぁ食物連鎖の頂点側からすると、各々の味が違って「めっちゃうめえ」とかあったりして、

でなんか自然の景色って大抵マジで綺麗じゃないですか。

で太陽が登って昼があって夜があって空は青いし海も綺麗だし

「満月の日だなー」とか「あ、今日は三日月なんだ」とか思ったり。

もうそれだけでも結構素敵じゃないですか。

当たり前過ぎてついつい忘れてしまうようなこれらの感覚を大事にしてもうしばらくこの世の中を満喫したいと思っています。
ここまで読んでいただきありがとうございました!
また次の記事でお会いしましょう!
最新情報をチェックしよう!
>