注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

【ゆうせい荘】他人は後回し、自分の幸福度が最優先(文字起こしver)

 

タロー

こんにちは!
今回は、「ゆうせい荘
」さんという、知る人ぞ知る伝説のyoutuberが過去に挙げた、生きることがラクになる動画、『他人は後回し、自分の幸福度が最優先』の肉声内容を文字起こしさせて頂いた記事です。

 

 

田舎暮らし歯学部大学生日記』では、田舎で学び狂っている歯学部5年生が“もっと早くから知っておきたかった情報”を分かりやすく簡潔に配信しています。

 

 

この記事を読んで損することは絶対にありません。

 

しかし読まなければ、あなたは100%大きく損をします。

 

 

 

最後まで精読した時、あなたは必ず自分のこれからの生き方に対しての考え方が変わっています。

 

悩みたくないのに、思わずクヨクヨしてしまう時は誰にでもあると思います。

本記事はそんな病に対する処方箋になるのではないでしょうか。

 

 

本文を読む前にゆうせい荘さんの説明と文字起こしに関する注意事項を書いています。

 

以前あげたゆうせい荘さんの記事はコチラ↓

【ゆうせい荘】好きなことで生きていくために【もう死ぬまで好きなことしかしない教】〜文字起こしver.

【ゆうせい荘】俺もお前も世界も全てクソどうでもいい(強メンタルの秘訣)【文字起こしver.】

 

そこをとばしたい方は、下の目次からとんで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

『ゆうせい荘』とは?

 

 

この記事は、[ゆうせい荘]という、今はもう発信をやめてしまったyoutuberの方の1つのコンテンツを文字起こししたものです。

 

『他人は後回し、自分の幸福度が最優先』という内容の約4分の動画について、その中での発言を全て文字起こししています。

 

 

[ゆうせい荘]とは、登録者数は約3.7万人(2020/9/5現在は活動休止中)の規模としてはまだ小さなyoutuberです。

 

しかしその発信者であるゆうせいさんの思想、経歴、行動力には不思議なカリスマ性があり、魅力的でウィットに富んだコンテンツを配信されていました。

 

ゆうせい荘さんの生き方を知らない方に向けて簡単に紹介しておきます。

留年しつつも慶應大学を卒業後一旦は就職。

その後「自由にやりたいことをして生きる」という信条の元、

サラリーマンを辞め色々なことにチャレンジします。

結果アメリカに行き大麻農家の元で大麻を吸いながら暮らしたり、youtuberとして活動して収益化を図ったりなど、

普通に生活するほとんどの人が経験しないことを実践し、

組織に属して仕事をすることなく『自分の力で生計を立て独立して生きる』という、

現代の若者たちの憧れのような「ストレスフリー」の生き方をしていた方でした。

 

さらに、ゆうせいさんはMENSA会員でもあり、IQがとても高く思考も深いという特徴があり、

着眼点も非常に独特で、常に世界に対しての新たな切り口を見せてくれ、

それらの発見を理路整然とわかりやすく説明してくれるというコンテンツを提供しており、着々とコアなファンを増やしていた方でした。

 

 

 

 

 

 

文字起こし記事を読む上での注意点

 

 

この記事は、主にゆうせい荘のファンの方が読まれることが多いと思うので、そこに配慮して、できるだけゆうせい荘の語り口調を残したまま文字起こしをしました。

 

 

文字起こしに関して、配慮した点が3点あります。

 

1.話し言葉ではあまり気にならないが文字に起こすと読みづらい(連続して内容が重複してしまっていたり、言い直していたり噛んでいたりするような部分)だけ、読みやすくするために少々修正を加えました。が、可能な限りゆうせい荘さんの口語のままに努めました。

 

2.ゆうせい荘さん特有の話し方、言い回し、行間、息継ぎができるだけ想起されるよう、句読点、改行を意図的にズラしています。

 

3.普段の他の記事では、重要なとこにはマーカー赤文字にするなどの修飾を施していますが、以下の文章ではほとんどそういったことはしていません。
理由は、ゆうせい荘さんの“サラッと話す”世界観をできるだけ再現したかったためです。

 

 

 

読みづらい点もあるかもしれませんがご了承ください。

 

 

 

現在(2020年9月5日)、youtube上にゆうせい荘さんの動画はほぼありません。

(ゆうせい荘さんが自身の全ての動画を非公開にしている為です。)

 

何件か、ファンの方が挙げてくださっていて復活している動画がありましたが、それも大半が削除されてしまいました。

 

動画を保存しておいて耳から情報を入れるのも良いですが、文字で読んで目から情報を入れるとまた新たな発見があるものです。

 

この文を読んで、ゆうせいさんのようにしがらみに囚われることなく自由に生きていこうと思う人が増えることを願っています。

 

 

 

 

 

この記事を読んで分かること

・他人のことは後回し、自分の幸福度が最優先

・自分勝手に生きることが周りに対しても良い影響を与える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゆうせい荘】他人のことは後回し、自分の幸福度が最優先〜文字起こしver.

どうもゆうせいでーす。
レッドウッドフォレストっていう
進撃の巨人でいう“巨大樹の森”みたいなところを散歩してまーす。
なんかマジでコレとか割とでけー。
ほら、なんかこんな感じで
すーげー長く生きてきた木がいっぱいある森に来てます。
でなんかすーげー穏やかな気分になったんで、
今回は普通に僕がすーげー重要にしている
『幸福についての考え方』を話します。
でどんな考え方っていうとめちゃくちゃ簡単で、
まずは自分の幸福を最優先で考えろ』っていう哲学です。
この理由は結構シンプルでー
自分が幸福になればなるほど
他人の幸福とか他人を思いやる心みたいな余裕が増えるんですよ。
だからなんか正直そのー、
左の頬殴られたら右の頬を差し出せ」みたいなの
ちょっと間違ってるっていうか
僕はなんか無理じゃないの?って思ってて、
だって精神的に余裕ない時そんなことできなくないですか?
てか後例えばなんかもう週5で10時間とか働いて休み時間とか全然ないみたいな時に他人のことを思いやれるわけないんですよね。
無理じゃないですか?そんなん。
わずかな休みは完全に自分の事しか考えられないですよね。
自分が楽しむ方法とかだけしか。
なんすけど
例えば今の僕みたいにとりあえずすげー時間あるみたいな
もうこうなんか、こんな雄大な自然に囲まれて散歩してるみたいな時って
すげー精神穏やかで精神的余裕めーちゃくちゃあるんですよね。
だからこういうなんか本当に心の余裕ってやつですね、があればあるほど
他人の事とか幸福のこととか世界のこととか自分のこととか
よーく考えられるようになるんですよ。
だからマジでとりあえず自分のことを最優先に考えて、
一旦自分が幸福になるようにずっと追求し続けるっていうか
自分が幸福になるように追求し続けることこそが、
他人を幸福にしたり他人を思いやる道の一番なんじゃないのかなぁって僕は思います。
そんであと「自分の幸福を全力で追及すべきだ」みたいな考え方って
たぶん今で言えば異端の考え方だと思うんですけど、
けど別に異端とか言われるのたぶん今だけで、
例えば「目上の人を重んじなさい」みたいな
礼儀を大切にしなさい」みたいな考え方って何千年も前に孔子が言った考え方で、
であと「人には愛を持って接しろ優しくしろ。」みたいな考え方はキリスト教の考え方で、
で「仏様を信じて南無阿弥陀仏って唱え続ければ極楽浄土へ行ける」みたいな考え方は大乗仏教の考え方です。
でこんな感じの考え方って多分今の日本人にも結構根付いていると思います。
で今言った全ての考え方って全部
2000年ぐらい前の国民の99%がずーっと飢えてて本当に生きるのも必死みたいな、
でインターネットもなくて
生まれてから得られる情報は周りの人が言ってることだけみたいな、
で交通機関もないし飛行機もないしー
違う島に行くなんてほとんどの人が人生で一回も経験できないような、
そんな環境で生まれた考え方なんですよね。
だから別に今言った考え方を否定するつもりとか一切ないんですけど、
今の時代はそれと違う考え方があってもいいんじゃないの?
とはすごい思います。
でちなみに戦後からずっと続いてきた日本の宗教は、
男の子は「とりあえず必死に勉強していい会社に入って年収1000万を稼いで、
車と家を買って奥さんと子供を養うのが
男の幸せ」っていう考え方が今の日本の男の宗教です。
で女の子は、「とにかく条件の良い男、年収のいい男と結婚して
子供を立派に育てることが幸せ」という宗教です。
まぁ女に関しては結構この考え方ってだいぶ変わってきてますけど、
まぁいうてまだ根強い考え方っすよね。
これもまあ宗教ですね。
別に何かそれが幸福の条件とかってなに一つ証拠ないんで。
どっちかと言えば、
戦後日本の権力者が人民にこういう風な考え方を植え付けたら
国がうまく発展して得だからこうやって考えてたっていうことっす。
人の生き方ってマジで結構権力者とか
国によって定められてきたので割とテキトーっちゃテキトーなんですよね。
けど今は時代が違うから個人が各々の幸福を全力で追求することを最優先にする。
それが一番重要なんだみたいな考え方も存在していいわけです。
ちなみに【哲学と宗教全史】っていう本結構オススメです
いかに宗教は権力者によって利用されてきたかみたいのすげーわかります。
とにかく自然は気持ちいいっすわ。
じゃ。

まとめ

如何でしたでしょうか。
他人を後回しにして自分の幸福度を追求して自分が幸せになるということは、
一見とても自分勝手に聞こえますが
自分が先に幸せになることで周りの幸せを考えることができる。
自分が強くなることで周りを救う力を得ることができる。
そう考えると非常に理に叶った現代的な考え方だと思います。
ルフィみたいな考え方ですね。(CP9編で顕著)
おばあちゃんとかにこの考え方を話すと
「そんな勝手な生き方したら世の中めちゃくちゃになる」とか言われそうですが、
親や祖父母の代に否定されるような考え方こそが現代の時代に即した考え方でちょうど良いのでしょうね。
それではまた次の記事でお会いしましょう。
ゆうせい荘の他の文字起こし記事はこちら↓
最新情報をチェックしよう!
>